【カジノIR法案】カジノ設置におけるデメリットとメリット。データ9つ

政治
スポンサーリンク

カジノIR法案に関し、カジノ設置におけるメリットとデメリット。データ9つ

 

【メリット】

①:カジノ・IRの経済効果

オックスフォード・エコノミクス算出による、IRの経済効果

直接効果
東京圏 大阪圏
GDP 1兆1730億円 8180億円
粗付加価値 7,720億円 5100億円
雇用件数 34,507件 26,147件
個人所得 1990億円 1460億円
間接効果および二次波及効果
GDP 1兆690億円 8040億円
粗付加価値 5790億円 4350億円
雇用件数 68,324件 51,449件
個人所得 2540億円 1910億円

出典:Oxford Economics (2015). Beyond 2020: Tourism Growth and the Economic Impact of Integrated Resorts in Japan.

 

②:世界のカジノ市場規模

2010年のデータ

アメリカ 574億8800万ドル
アジア 342億8000万ドル
ヨーロッパ・中東・アフリカ 163億700万ドル
カナダ 57億400万ドル
ラテンアメリカ 38億000万ドル
1175億7900万ドル

図.世界のカジノ市場規模

出典:PricewaterhouseCoopers LLP “Global Gaming Outlook 2011”

 

【デメリット面】

③:みずほ銀行が指摘する、「日本のカジノ法案に課する議論についての問題点」

経済効果、新規雇用効果や観光客増加、新規財源の創出といったメリット面については定量的な研究が進む一方、

  • 「ギャンブル依存症への対策」「自殺・犯罪増加」「労働雇用・喪失」

については、十分な把握がなされていない。

出典:みずほ銀行 産業調査部「特集:日本産業の中期展望-日本産業が輝きを取り戻すための有望分野を探る-」2012年5月7日

 

同じく、北海道立精神保健福祉センター所長の田辺等氏も、日本において「ギャンブル問題の研究が進んでいない」ことを訴える。

・田辺氏作成のスライドより

出典:田辺等「我が国に蔓延する「ギャンブル依存症」の現状」

 

④:日本は、他国に比べてギャンブル依存症患者の率が高い

2017年に厚生労働省が全国4685人に実施した面接調査のデータによれば、推計で約320万人がギャンブル依存症という結果でした。有病率は3.6%。この数字は他国と比べても突出して高いものとなっています。

・世界各国のギャンブル依存症有病率

調査年 調査数(人) 生涯有病率
アメリカ(ルイジアナ州) 2002 1353 1.58
オーストラリア 2001 27万6777 男性 2.4 女性1.7
カナダ 2002 4603 0.9
韓国 2006 5333 0.8
スウェーデン 1997 7139 0.6
ニュージーランド 2000 1029 0.8
フランス 2008 529 1.24
香港 2001 2004 1.8
日本 2008 4123 男性 9.6 女性1.6
2013 4153 男性 8.8 女性1.8 全体 4.8%
2017 4685 男性 6.7 女性 0.6 全体 3.6%

 

 

⑤:ギャンブル依存症の特徴 その1:多額の借金、1200万円を超える額のつぎ込み、配偶者含めた精神疾患

2005年のデータ

平均借金金額:600万円(6割が500万円を超える)

ギャンブル開始平均年齢:20.2歳

借金開始平均年齢:27.8歳

初診時平均年齢:39.0歳

借金の債務整理をした人:28名/100名中

自己破産:4名/100名中

鬱病併発:17名/100名中

アルコール依存:5名/100名中

配偶者65名中10名が精神疾患

ギャンブルにつぎ込んだ金額の平均:1293万円(最高1億1000万円、最低50万円)

出典:森山成彬(2008)「病的賭博者100人の臨床的実態」精神医学50:895-904

 

⑥:ギャンブル依存症の特徴 その2:高い自殺希望

・自殺念慮経験率(したいなと思い、素振りをする)

ギャンブル依存症患者…生涯62.1%(1年以内は26.7%)

アルコール依存障害者…同55.1%

薬物使用障害者…同83.3%

健常者対照群(元気な人)…同14.5%

大うつ病性エピソード該当者…1年19.4%

出典:同上

 

・自殺企図(実際に自殺を図る)経験率

ギャンブル依存症患者……生涯40.5%(1年以内12.1%)

アルコール依存障害者…同30.6%

薬物使用障害者…同55.7%

健常者対照群(元気な人)…同1.8%

大うつ病性エピソード該当者…1年8.3%

出典:森山成彬(2008)「病的賭博者100人の臨床的実態」精神医学50:895-904、厚生労働科学研究「いわゆるギャンブル依存症の実態と地域ケアの促
進」平成20年度 田中班報告書

 

⑦:カジノを含む統合型リゾートに対する、国民のイメージ

ギャンブル依存症の人が増える…61.0%

治安が悪化する…45.4%

犯罪が増加する…43.6%

青少年の成長に悪影響を与える…38.5%

散財をする人が増える…34.1%

(2017年1月調査)

 

⑧:世界のギャンブル機器の64%が日本に存在する

・ギャンブル機器の総数

世界のギャンブル機器の総数:720万台

日本のパチンコ店にあるギャンブル機器の数:460万台

世界の64%、およそ3分の2が日本に存在する。

 

・ギャンブル機器の人口比ランキング

①:セントマーチン島・・・11人に1台

②:モナコ・・・23人に1台

③:日本・・・30人に1台

ともに出典:帚木蓬生『ギャンブル依存国家・日本』光文社新書、2014年

 

⑨:他国における、ギャンブル依存のマイナス効果の研究例

アメリカ・・・社会的コストが年間50億ドル(約5500億円)、生涯コストが400億ドル(4兆4000億円)

※国家ゲーミング影響度調査委員会調べ

韓国・・・ギャンブル産業の売り上げ16.5兆ウォン(約1兆6400億円)に対し、家庭崩壊や労働意欲の低下で社会全体で、60兆ウォン(約5兆9000億円)の損失

※2011年11月27日朝日新聞報道

 

コメント