沖縄県知事選2018年分析②:通説に反し基地依存の高い市町村でも得票率の高い玉城氏。沖縄本島/市部では玉城氏が、諸島部は佐喜真氏が強い(得票数と得票率)

政治
スポンサーリンク

18年沖縄県知事選における、各自治体ごとの玉城氏と佐喜真氏の得票数

9月30日に実施された沖縄県知事選においては、県政与党推薦の玉城デニー氏が、最大票田にして無党派層が多い那覇市をはじめ、多くの自治体において自民党・公明党推薦の佐喜真淳氏の得票数を上回る結果となりました。

 

ただ得票傾向は沖縄本島と諸島部で大きく異なるものとなっており、沖縄本島の多くの地域で玉城氏が強さを見せる一方で、保守地盤とされる宮古列島・八重山列島など先頭諸島では佐喜真氏が強さを見せています。

 

・2018年沖縄県知事選における、玉城氏と佐喜真氏の得票数(各自治体ごと)

玉城 デニー 得票数 佐喜真 淳 得票数
全体 396,632 316,458
那覇市 92,624 65,524
宜野湾市 22,379 26,644
石垣市 11,015 11,648
浦添市 30,622 25,319
名護市 16,796 15,013
糸満市 15,708 12,550
沖縄市 35,947 27,321
豊見城市 17,442 13,039
うるま市 35,011 26,407
宮古島市 10,961 13,314
南城市 12,642 9,773
国頭村 1,101 1,555
大宜味村 1,141 600
東 村 516 589
今帰仁村 3,261 1,817
本部町 3,621 3,095
恩納村 2,771 2,275
宜野座村 1,716 1,389
金武町 2,755 2,635
伊江村 1,472 1,114
読谷村 11,715 7,658
嘉手納町 3,534 3,231
北谷町 7,694 5,280
北中城村 5,344 3,169
中城村 6,045 4,393
西原町 11,265 6,901
与那原町 5,524 4,177
南風原町 11,669 7,435
渡嘉敷村 193 207
座間味村 319 261
粟国村 169 189
渡名喜村 106 125
南大東村 231 513
北大東村 77 299
伊平屋村 275 380
伊是名村 291 437
久米島町 2,233 1,544
八重瀬町 8,676 6,470
多良間村 191 421
竹富町 1,178 1,148
与那国町 402 599

 

沖縄県知事選2018、玉城氏と佐喜真氏の得票率差

下の図は、赤が濃いほど「玉城氏」、青が濃いほど「佐喜真氏」の得票率がそれぞれ高かった地域を示す。

・沖縄県全域

 

・沖縄本島のみ

 

基地依存が強い地域でも、(通説に反し)玉城氏が強かった

各種統計を見渡す限りにおいては、沖縄県は今もなお反基地感情が根強い地域だといえます(例えば信頼性の高さで定評あるNHK世論調査など)。

しかしながら過去多くの知事選においては「基地問題」が最大の争点となりながらも、基地推進派である保守系・自民党系候補が度々当選してきたこともよく知られるところです。

この一見矛盾する現象を説明する理由としては通常、次の3つが考えられてきました。

 

・県民感情として「反基地」が根強いにもかかわらず、沖縄県知事選では自民党系候補が勝ってきた理由

①:基地受け入れによる各自治体の財政依存(基地を多く抱える自治体では、自民党系が強くなりやすい)

②:有権者の認識する日本の対外的リスク(直近で他国とのいざこざが起きた場合、自民党系が強くなりやすいい)

③:基地から受ける物理的・心理的なコスト(基地から遠い自治体ほど自民党系が強い)

 

例えば2014年の研究 “External Threats. U.S. Bases, and Prudent Voters in Okinawa.”においては、各市町村の庁舎と普天問基地との距離を代理変数とした分析が行われています。

それによれば「普天間基地からの距離が1%伸びると、自民党系候補者(基地容認)の得票率が2.45ポイント増加する」んだそうです。

 

ただ今回の知事選においては、通説に反し「基地を多く抱える自治体においても反自民系候補(玉城氏)の得票率が高い」ものとなっていました。

宜野座村や北谷町にいたっては、玉城氏の得票率が佐喜真氏を10%以上回っています。

 

・沖縄における米軍基地依存度の高い自治体と、2018年沖縄県知事選得票率

市町村名 収入における基地依存度 市町村に占める基地割合 18年沖縄県知事選、玉城-佐喜真得票率の差
宜野座村 35% 50.7% 10.39
恩納村 28% 30.0% 9.71
金武町 26.5% 59.4% 2.21
嘉手納町 17.1% 82.8% 4.43
北谷町 11.5% 56.4% 18.46

 

・動画版

沖縄県知事選2018の得票率と特徴。通説に反し、基地依存の高い市町村でも得票率の高かった玉城デニー氏(得票数と得票率)

【関連記事】

沖縄県知事選2018分析①:玉城デニー氏勝利は大票田な「無党派層」「公明党」の動向が明暗を分ける(接戦度と有効候補者数)
玉城デニー氏勝利、大票田な「無党派層」「公明党」の動向が明暗を分ける(沖縄県知事選2018) 辺野古への移設に反対する前自由党衆院議員の玉城デニー氏(無所属・新)の当選で幕を閉じた、2018年沖縄県知事選について、各種データを探ることにし...

 

 

 

 

参考文献:

Kagotani Koji. and Yuki Yanai (2014) “External Threats. U.S. Bases, and Prudent Voters in Okinawa.” lnternational Relations of the Asia Pacific.1 4(1): 91-115.

前泊博盛 「40年にわたる政府の沖縄振興は何をもたらしたか いま問われる依存から自立への脱却」『世界』2012年6月号、岩波書店

 

コメント