沖縄県知事選2018、各社最終情勢まとめ

政治
スポンサーリンク

沖縄県知事選2018、各社最終情勢まとめ

共産・社民両党など「オール沖縄」勢力が支援する玉城デニー氏と、自民・公明・日本維新の会・希望の各党が推薦する佐喜真淳氏の闘いとなった2018年沖縄知事選。9月30日の投開票を前に、マスコミ各社から情勢レポートが明らかにされました。

 

各社レポートによる、沖縄知事選の情勢

9月26日現時点における、沖縄知事選の情勢は次の通り(初出時にて、琉球放送の箇所が間違っていました。大変失礼しました)。

調査会社 調査日時 玉城、佐喜真氏の情勢
JX通信社・沖縄テレビ(共同調査) 9/21~23 互角
読売新聞 9/22~23 激しく競り合っている
琉球放送 9/22~23 玉城氏がややリードし、佐喜眞氏が激しく追う
琉球新報・共同通信(共同調査) 9/22~23 互角
琉球朝日放送、朝日新聞、沖縄タイムス(共同調査) 9/22~23 玉城氏がリードし、佐喜眞氏が激しく追う
時事通信社(調査ではなく、取材から判断) 9/25 接戦。激しく競り合っている

【関連】

沖縄県知事選、2018年と2014年の情勢の比較・違い
沖縄県知事選、2018年と2014年の情勢の比較・違い 2014年との選挙情勢の違い 共産・社民両党など「オール沖縄」勢力が支援する玉城デニー氏と、自民・公明・日本維新の会・希望の各党が推薦する佐喜真淳氏の一騎打ちとなった2018年...
沖縄知事選’18、支持政党別に見た2014年との違い。沖縄でバツグンの強さを見せる、公明党の動向が気になる
沖縄知事選’18、支持政党別に見た18年と14年の違い 支持政党ごとに見た、有権者の18年と14年の違い 9月30日に投開票が行われる沖縄県知事選。 激戦が伝えられている今回の知事選ですが、有権者の支持政党別に、今回2018年...

 

参考:沖縄テレビ局の系列

「〇〇放送」と言われても、わかりにくい方もいると思うので掲載。

琉球放送…TBS (6ch) 系列

沖縄テレビ…フジテレビ(8ch)系列

琉球朝日放送…テレビ朝日(10ch)系列

 

・その他メディアでの報道

「毎日新聞」は、共同通信社や沖縄テレビ、JX通信社のものを報道(自社調査無し)

「宮古毎日新聞」は、時事通信社のものを報道(自社調査無し)

 

 

「玉城氏リード」との報道もあるが、気を付けたい「サンプリング誤差」

さて上記各社情勢レポートを見渡すと、ほとんどが「互角」となっていることが分かります。

琉球朝日放送、朝日新聞、沖縄タイムス3社の共同調査では「玉城氏リード」となっていますが、玉城氏陣営はこれで安心してはいけないものでしょう。

なぜなら、世論調査には「誤差」というものが存在するからです。

世論調査における代表的な誤差としては、「サンプリング誤差(標本誤差)」なるものがありますが、例えば今回のような2000人ほどを対象にした調査の場合、得票率には最大で±2%程度の誤差が生じます(この数値は統計確率の知見から求めることが可能です)。

 

また「調査したのがどこの会社か」ということも見逃せません。

例えば、今回のような電話調査では必ず、冒頭に「〇〇新聞/放送/通信社の委託を受けた○○社と申します」と名乗るものですが、その際、調査した新聞等の主張が嫌いな人は調査に協力してくれないことが考えられます。

今回調査したのはその多くがリベラル系メディアであり、そのため自民党系・保守派候補を応援する人の意見が過小報告されている可能性は十分にあり得ることでしょう。実際、18年2月の名護市長選挙における世論調査では、「オール沖縄」の現職・稲嶺氏の優位が伝えられていましたが、実際に当選したのは自民党系の渡具知氏でした。

 

なお最近ネット上でよく見る、「世論調査は携帯電話には電話をかけない。だから若者の意見が聞けず歪んだ調査結果になる」という話はデマです

確かに昔は携帯電話番号への調査は行なっていませんでした。が、最近では携帯電話も対象にしています。

【関連】

マスコミの世論調査に関する「ネット上のデマ」とその「対処法」
TV新聞などマスコミによる世論調査(RDD法)に関するデマについて 【ポイント】 最近あちこちで、世論調査を「デマ」や「捏造」だとする意見を多く聞こえてくる しかし、それらは大抵が単なる思い込みや間違いであることが多い...

 

気になる各社のレポート

各社レポートから、気になる分析をレポート

・前回選で翁長雄志おながたけし・前知事(8月に死去)に投票した人のうち、7割強が後継候補の玉城氏、約1割が佐喜真氏に投票すると回答した(読売新聞)。

・支持政党別では、佐喜真氏は自民支持層の7割以上を固めた。公明と維新の支持層は佐喜真氏を支持する傾向が強いが、一部は玉城氏に流れている(琉球新報)。

・2割が投票先を「まだ決めていない」としており、情勢は変動する可能性がある(毎日新聞;調査は共同通信社のもの)。

・佐喜眞氏は推薦した公明党の支持層も8割弱を固めた(読売新聞)。

・玉城氏は社民、共産、社大、自由、国民民主、立憲民主などの票を8~9割近く固めた。全体の5割近くを占める無党派層では、玉城氏が浸透し、佐喜真氏が猛追している。無党派層の約25%は投票態度を明らかにしていない(琉球新報)。

・無党派層からの支持では玉城氏に遅れをとっている(JX通信)。

・佐喜眞さんは、推薦を受ける自民支持層の7割を固め、前回の自主投票から今回推薦へと転じた公明支持層と、維新支持層の大半を固めています(琉球朝日放送)。

知事選で何を一番重視して投票する人を選ぶかについては、「基地問題」と答えた人が、42%と最も多くなっています(琉球朝日放送)。

 

 

リンクなど

読売新聞「玉城、佐喜真氏激しく競る…沖縄知事選情勢調査」

琉球新報「玉城、佐喜真氏が互角 2割強、態度未定 浮動票の獲得が鍵 琉球新報・共同通信世論調査

毎日新聞「2018沖縄知事選 共同通信情勢調査 玉城氏と佐喜真氏、互角

琉球朝日放送「県知事選情勢調査 玉城氏リード 佐喜眞氏追う

琉球放送「知事選最新情勢 玉城氏ややリード 佐喜眞氏激しく追う

米重克洋「沖縄県知事選 玉城氏と佐喜真氏が互角の戦い=JX通信社・沖縄テレビ情勢調査

時事通信社「玉城、佐喜真氏が接戦=沖縄知事選終盤情勢」

コメント

  1. 9/25の時事通信の調査は、

    >沖縄県知事選(30日投開票)について、時事通信社は25日、各陣営や政党への取材などを通じて、終盤情勢を探った。

    と記事に書いてありますから、取材調査だけで、新たには統計的な電話調査はしていないのではないでしょうか?
    つまり先週末の電話調査に取材調査だけをアップデートさせただけのものではないでしょうか?

  2. >あ さん
    コメントありがとうございます。
    確かにおっしゃる通りですね。その旨、書き加えるべきでした。ご指摘いただき、ありがとうございます。