介護就職で奨学金の返済を肩代わり。東京都が2018年度から大学・短大・介護専門学校生を対象に

労働
スポンサーリンク

介護就職で奨学金の返済を肩代わり。東京都が2018年度から大学・短大・介護専門学校生を対象に

 

東京都は介護職に就く新卒生に対し、奨学金返済を肩代わりする事業を2018年度から始めます。

昨今の人材不足から、これまで都は主婦やシニア世代を対象にして介護業界への就職を支援してきましたが、今回、より若い世代に裾野を広げ、人手不足対策を行なうことにした模様。

対象となる新卒者は介護の専門学校生だけでなく大学生、短大生となっており、幅広い学生を対象に介護人材を求める方針のようです。

 

【ポイント】

・東京都が介護分野への就職をする新卒生を対象に、奨学金を肩代わりする事業を開始

・対象となるのは介護専門学校生、大学生、短大生の新卒者

・2018年度からスタート

 

参考:

介護就職で奨学金返済肩代わり 東京都、新卒向けに
東京都は介護職に就く新卒生の奨学金返済を肩代わりする事業を2018年度に始める。これまでは働いていない主婦やシニア世代を対象に介護業界への就職を支援してきたが、若い世代に裾野を広げ、人手不足対策をテ

コメント